自己紹介

   加瀬 忠(かせ ただし)

     スペインの自宅にて撮影

  昭和16年生まれ。学生時代は東洋大学箱根駅伝チームのキャプテンとして活躍。
 昭和39年、箱根駅伝4位入賞。同年、実業団駅伝チームには加わらずに、熊谷市立
         妻沼東中学校社会科教員となる。
 昭和60年、埼玉県教育局管理主事。
 昭和64年、埼玉県教育局主任管理主事兼管理係長。
 平成 3年、熊谷市立小島中学校校長。
 平成 5年、大里教育事務所指導課主任指導主事兼熊谷市立富士見中学校校長。
 平成 6年、文部省派遣・マドリッド日本人学校校長。
 平成 7年、同 マドリッド日本人学校校長兼マドリッド補習授業校校長。
 平成11年、同 マドリッド補習授業校校長。
 平成13年、スペイン文部省よりPROFESORのステータスを授与される。
 平成13年、スペイン国立フェリペU世大学・翻訳学部 PROFESOR。
 平成16年、スペイン国立フェリペU世大学を63歳で退職し帰国。
 平成17年、熊谷市で60歳以上のシニアを対象にした「英会話教室・スペイン語会話教室」及び
         小学生を対 象にした「学習会」を指導し、現在に至る。

 ▼嗜 好
 スペイン・ワインとラ・マンチャのチーズ、パンをこよなく愛し、スペイン料理のレシピを公開・指導中。

 ▼趣 味
 音楽鑑賞、ギター・ウクレレを演奏すること。
 仕事で疲れた時に、「イマジン」「べサメムーチョ」「イエスタデイ」等を演奏し、歌う事が至福の一時。

 ▼特 技
 スポーツ全般。
 特に駅伝・中長距離走、バスケット・ボールを得意とし、今でも10キロロードレースを50分前後で走る。